冷たい水ではなく、「温かい飲み物」を取り入れる

美容のために大切な大前提。それは「身体を冷やさない」ことです。なぜか?によると、身体が冷えると、「身体の機能が低下する」からです。それにむくみも起こりやすくなる。お肌の調子もなんだか「顔色がよくない」なんてことになることでしょう」

さて、現代人は冷たいものを取りすぎです。それは水に限らず。日本はなんとも便利な国、「のどが渇いたな」と思えば・・・コンビニか自動販売機を探せばあるのですから。逆に外国にはあるのかというと・・・まず「ない」でしょう。それができるのは日本の治安のよさがあるからです。こんなお金の詰まったものを人があまり通らないような道や、夜中にでもなれば「お金がたくさん入っている」と考える人もいるのですから。ただ、日本人はそれを壊そうだなんてことはしない。安全な国だからこそできることなのです。それゆえどこにでも設置されています。「冷たいものを摂りやすい」国なのです。

なので、別に喉が渇いていなくとも・・・なんとなく口さびしくなったから飲む。そんな状態で座りっぱなしの仕事をすれば・・・もちろんむくみになりますね。なら、どうしたらいいのか?美容や身体のためには何をしたらいいのか?簡単なことは「温かいものを少しずつ」取ることです。

それから・・・もしお水を飲みたいのなら「常温」で。美容で考えなくてはいけないことは「身体を冷やす」ということです。身体の中が温かいと内臓機能は活性化するものです。なのであなたはもっと今以上に「温かいものを取る」ことに積極的になりましょう。お肌の色が優れないときには効果的です。

また、何か飲みたいと思っても・・・なるべくなら「常温」がいいものです。最初はそれに抵抗があるとは思いますが、なれてしまえばなんてことはありません。それに、水分を取らないことも血液をどろどろにする原因になりますので、どちらにしても「適度」がいいということです。何も頑張って温かいものを取る必要はありませんよ。